カギと防犯のことなら弊社にご連絡ください。

03-3701-3065

営業時間 9:30~18:30(土日・祝日除く)

美和ロックサービス代行店SD

CONTACTCONTACT


在宅時における空き巣の防犯対策

住まいと暮らし
2020.8.21

【ステイホーム】在宅時でも油断は禁物!在宅時の防犯事情

どうせ家に誰かいるから、ちょっとそこまで行く間だから――と、ついつい防犯意識がゆるみがちになる今日この頃。たとえ、誰かがいるといっても油断は禁物です。窓を開けっぱなしにしていたり、鍵がかかっていなかったりしていませんか?今一度、安心で快適な生活を送るために、あなたの住まいと暮らしの防犯に目を向けてみましょう。

空き巣の侵入経路

空き巣の侵入経路

空き巣など侵入経路として多いのが、ドアや窓などの「開口部」とされています。たとえば、多い「ガラス破り」や「ドア錠破り」に要する時間は、ほんの数分の間であるとされていることからも、人目が付きにくい場所など「侵入者にとっては都合の良い環境」であった場合、恰好の的になってしまう可能性があります。

在宅時でも要注意

在宅時でも要注意

たとえば、家に誰かいれば、空き巣や泥棒も入ってこられないだろうという「安心感」…。それはもしかしたら「油断」というのかもしれません。
「空き巣」という言葉から、侵入などの犯罪は家人の不在時に行われるというイメージがあるかもしれません。しかし、たとえば夏の暑い時期やほんの少しの時間の外出などで、家の風通しや換気のために窓を開けたままにしたり、ドアの鍵を開けたままにしていたりすると、それらに対しての備え(防犯対策)としては手薄になってしまう場合があります。

留守時じゃない!在宅時での侵入・窃盗

留守時じゃない!在宅時での侵入・窃盗

意外と知られていないことで、「忍込み」「居空き」といった、実は「空き巣」とは区別された犯罪があるのをご存知でしょうか。「空き巣」は、(家人等の)不在時に。「忍込み」は夜間の就寝時に、「居空き」は昼間、家人の在宅時に侵入し金品を盗むことをいいます。

令和元年の警視庁のデータによると、侵入窃盗の手口発生状況では、「空き巣」が全体の39.5%に対し、「忍込み」が10.6%と空き巣の1/4程度、「居空き」が3.2%と、不在時の「空き巣」と在宅時の「忍込み」「居空き」の比は、3:1と軽視できないのが実情。こうしてみると、家に誰かいるから安心ではなく、在宅・留守問わず、これら手口に対する対策が必要であろうことがみえてきます。

侵入窃盗を防ぐ家づくり

侵入窃盗を防ぐ家づくり

防犯環境設計を行う上で、犯罪者が心理的に嫌う4つの要素に「時間・目・音・光」があります。これらに対応する手段を用いることがポイントとされ、「防犯の4原則」といわれています。これらを効果的に組み合わせ、空き巣に狙われにくい家にすることが大切です。

対策として

対策として

警視庁も呼びかけている最も効果的でポピュラーな対策として1つのドアに2つ以上のロックを取り付ける「1ドア・2ロック(ワンドアツーロック)」という対策があります。玄関や勝手口に補助錠を設置することで、侵入するまでの時間を長くすることができます。※窓用の補助錠前もあります。

また、一般的に空き巣は「事前に下見をする」といわれ、顔や容姿を見られることを嫌うことから、カメラ付きインターホンや防犯カメラを設置することも効果的とされます。そのほか、上を踏んで歩くとジャリジャリと音がする「防犯砂利」やセンサー付きライトなど「音」や「光」で威嚇する方法もあります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、不在時だけではなく、在宅時も注意していただきたい、侵入窃盗の手口と対策をご紹介しました。

在宅時(帰宅時)に、侵入者と出くわしたりしてしまったりなどしたら、さらなる重大犯罪に発展するケースも。たとえ金銭的には、たいした被害がなかったとしても、犯罪に出くわしたことで、怖い思いをした人が受ける心の傷は、想像に難くありません。最も大事なのは、油断をしない気構えです。安心感の高まりは油断を生じさせることもあります。

ぜひ、上で紹介したことを参考に、普段から泥棒が嫌がる、狙われにくい防犯対策や環境作りを日頃から心がけてください。現在の防犯性や今後の改善策など、不安なことがありましたら、信頼できるプロに相談してみてもらうようにしましょう。

※「錠」と「鍵」の表記について
錠前(錠・ロック・lock)は、扉などに取り付けて締める金属、機械的または電子的な部品をいいます。鍵(かぎ・キー・key)は、錠前を施錠・解錠する(操作する)ための器具をいいます。ここでは便宜上、日常的な会話に合わせて、鍵と錠前をまとめて「鍵(かぎ)」と記載している場合があります。